• 吉田 健

部下を次なるリーダーにする




From 事務所から


昨日に引き続き、いまできの部下を動かす39のしかけ(三笠書房 池本克之著)からです


上司が部下を育てる最終目標は、部下がその仕事を誰かに教えられるようにすることです。つまり、次のリーダーを育てるのがリーダーの仕事のゴールです。


「できる部下」を育てても道半ば、完成形は「教えられる部下」を育てることです。


教える立場になるとわかりますが、自分ではよくわかっているつもりでいたことが、「これはなぜなのでしょう?」と聞かれてうまく答えられないことはよくあることかと思います。


これまで感覚的にやってきたことを言葉(理屈)で伝えなければいけないため、自分なりに勉強するので、知識や理解が深まります。そして上手に教えられるようになれば「できる人」から「教えられる人」に成長していきます。


任せる力がつけば、上司としての負担は格段に減ることになります。


こうした成長の好循環が生まれることにより、成長し続けるチーム、組織が生まれるのです。また教え合う環境ができれば、それこそ部下は勝手に成長していきます。


同じ部署内というタテの関係でも他部署という横の関係でも教え合うようになればチームや組織の成長度合いは早くなるので、このことを上司の方は知っておくべきです。


なお、教える仕事を部下に任せる時はその方法は部下に任せるべきです。

上司が口を出すのは、間違ったことを教えているときだけです。その場合は早めに手をうたないといけないです。


今日はこのへんで 明日は、部下を次なるリーダーにするについてお伝えしていきます。


社会保険労務士の知識や企業の人事総務部門での実務経験を活かして「組織やチームの働きやすい環境づくり」のために、人事労務に関する問題を解決することを私のMissionとして掲げて日々活動しています。


本日もお読みいただき、ありがとうございました。何かお役に立てれば幸いです。

#部下を動かす

#仕事を教え合う

#小さくても強い会社

#社会保険労務士

#武蔵小金井

 

〒184-0015 東京都小金井市貫井北町3丁目19−6

©2019 社会保険労務士オフィスワイ・ツー