• 吉田 健

相手より自分を変えたほうが合理的




From 事務所から


昨日に引き続き、いまできの部下を動かす39のしかけ(三笠書房 池本克之著)からです


著者によると、部下を動かすためには、自分に能力があるだけでもダメ、正論だけではダメだそうです


もちろん正論は必要ではありますが、相手に伝えるためには「接し方」や「言い方」を考えなければいけないです


年上だろうが年下だろうが、部下は同じ会社で同じ成果を目指している同志なので、会社の利益のためには、何をするべきか、上司に対してどう接するべきかを知っているはずです 頭で理解していて動けないのは、感情が邪魔をしているからです


上から抑えつけて、部下の気持ちや態度を改めさせようとしてもうまくいかないでしょう

しかし、相手を変えることはできなくても自分の言動を変えることはできます


部下にこの上司と仕事をして大きな成果を出せば、自分の成果に繋がり、その結果、自分の評価もあがるということを理解させて、十分に能力を発揮してもらえる環境をつくることが最善です


自分の正義を通したいのなら、必ずしも正面突破するのが得策ではなく、迂回して外堀を埋めたほうが実現する可能性が高いです


今日はこのへんで 明日は、女性の部下を動かす時の注意点についてお伝えしていきます


社会保険労務士の知識や企業の人事総務部門での実務経験を活かして「組織やチームの働きやすい環境づくり」のために、人事労務に関する問題を解決することを私のMissionとして掲げて日々活動しています。

本日もお読みいただき、ありがとうございました。何かお役に立てれば幸いです。

#部下を動かす

#言い方

#小さくても強い会社

#社会保険労務士

#武蔵小金井

 

〒184-0015 東京都小金井市貫井北町3丁目19−6

©2019 社会保険労務士オフィスワイ・ツー