• 吉田 健

年上部下は感情で動かす



From 事務所から


昨日に引き続き、いまできの部下を動かす39のしかけ(三笠書房 池本克之著)からです


若くして昇進すれば、年上の人が部下になることもあります


この場合、年上の部下からいくと、年下の上司は当然面白くない存在です

「この仕事、やっといてくれる?」とため口で指示をすると、一瞬で敵と認識されます


そうさせないためには、年上の部下に対して「リスペクトのマインド」を持って接し、それをきちんと言葉で伝えることが重要です


経験を重ねた年上の部下には相応の知識やノウハウがあるし、人脈もあります

仕事を上手に任せることができれば、頼もしい戦力となります


年上の部下に戦力になってもらうためには最初が肝心で、リスペクトの気持ちを伝えることで、相手に「よし、やってやるか!」と味方になってもらうことがポイントです


ビジネスではとかく感情よりも論理を優先しがちですが、人は感情によって動かされるものです 人が仕事も会社も動かしている以上、「感情への配慮」は不可欠です


今日はこのへんで 明日は、相手より自分を変えたほうが合理的についてお伝えしていきます


社会保険労務士の知識や企業の人事総務部門での実務経験を活かして「組織やチームの働きやすい環境づくり」のために、人事労務に関する問題を解決することを私のMissionとして掲げて日々活動しています。

本日もお読みいただき、ありがとうございました。何かお役に立てれば幸いです。

#組織の成長

#年上部下

#小さくても強い会社

#社会保険労務士

#武蔵小金井

 

〒184-0015 東京都小金井市貫井北町3丁目19−6

©2019 社会保険労務士オフィスワイ・ツー