• 吉田 健

任せている人を間違えている会社の成長は遅い

From 横浜から



昨日に引き続き、いまできの部下を動かす39のしかけ(三笠書房 池本克之著)からです

著者によると、いまの若者にはこれまでの仕事の任せ方が通用しなくなってきているが、それでも若い部下に仕事を任せなければいけないし、今の若者は根は真面目で、中には能力の高い人もいます。


従って仕事を任せることを諦めてはいけないです。とはいえ任せる人を間違うと仕事がうまくいきません では任せる人を間違えると以下の弊害があります


・時間の浪費

いまどきの若者はムリに頑張ることをしないし、それを悪いことだとも思っていません

また人の期待に応えたいという想いを持っていることが少ないです


従ってこの場合は、何度も指導しないといけない仕事は任せず、1.2回教えればできる仕事を任せればいいです


・トラブルの増加

自分中心に考え、上司や会社に迷惑をかけてはいけないという考えをあまり持っていない人も多いです そういう場合は周りに被害が及ぼさないような仕事を任せるか、締め切りを早く設定するしかないです


・チームワークの悪化

争い事を好まず、穏やかな人間関係を求めています 当たり障りのない付き合いで満足しているので、必要以上に周りの人に関わろうとしていないので、そういう場合は深く関わろうとせず、チームで仕事をする時もコミュニケーションをあまり取らなくて済む仕事を任せるなど本人の負担を減らしたほうがチームの雰囲気はよくなります


任せる人を間違えると、生産性があがらない、どんなに頑張っても目標達成ができないなど様々な問題が発生します そういう場合は誰に任せるかを考え直してみる必要があります

今日はこのへんで 明日は、こんな人には任せないについてお伝えしていきます


社会保険労務士の知識や企業の人事総務部門での実務経験を活かして「組織やチームの働きやすい環境づくり」のために、人事労務に関する問題を解決することを私のMissionとして掲げて日々活動しています。

本日もお読みいただき、ありがとうございました。何かお役に立てれば幸いです。

#組織の成長

#仕事を任せる

#小さくても強い会社

#社会保険労務士

#武蔵小金井

 

〒184-0015 東京都小金井市貫井北町3丁目19−6

©2019 社会保険労務士オフィスワイ・ツー