• 吉田 健

仕事の役割分担を部下に理解させる



From 事務所から


昨日に引き続き、いまできの部下を動かす39のしかけ(三笠書房 池本克之著)からです


最近、上から目線の上司は嫌われるようです


しかしだからといって部下にへりくだる必要はないです。若い部下に仕事に平等はないということをしっかりと教え込んでいかないといけないです。


というのはいまどきの部下の世代は、平等であることが普通、平等であることが当たり前という意識になっています。


というのは今の若者は上下関係が崩壊した社会で育ってきているので、縦社会に慣れていないのです。これは個人の資質ではなく、周りの大人がそう育ててきたのが原因です。従って腹をたてずに時間をかけて上下関係をわかってもらうしかないのです。


上司は部下に怒る必要はないですが、以下のことを伝えて、諭す必要はあります。


・上司と部下は社内における役割が違う

・上司の仕事は部下が仕事をしやすくするための環境整備

・上司はチームや部署の仕事全体のコストやスケジュールを管理し、責任を負っている

・部下に任せるか、自分が現場に出てやるべきか それを見きわめるのも上司の仕事


大切なのは部下の意見に安易に迎合しないことです。部下に100%納得してもらうことはできないと考えて、「人の上に立つ人間としてやるべきこと」を貫きとおすのが、部下を動かす立場の人には重要です。


今日はこのへんで 明日は、「細かすぎる!」というくらいの指示をするについてお伝えしていきます。


社会保険労務士の知識や企業の人事総務部門での実務経験を活かして「組織やチームの働きやすい環境づくり」のために、人事労務に関する問題を解決することを私のMissionとして掲げて日々活動しています。


本日もお読みいただき、ありがとうございました。何かお役に立てれば幸いです。

#部下を動かす

#仕事の役割分担

#小さくても強い会社

#社会保険労務士

#武蔵小金井

 

〒184-0015 東京都小金井市貫井北町3丁目19−6

©2019 社会保険労務士オフィスワイ・ツー