• 吉田 健

一度決めた見返り条件は絶対に変えない



From 事務所から


昨日に引き続き、いまできの部下を動かす39のしかけ(三笠書房 池本克之著)からです


「見返り」を与えるとき絶対にやってはいけないことがあります。

それは最初に決めた条件を、合理的な理由もなく後出しで変更すること


なぜならこれは完全に信頼を失ってしまうからです。そして会社と社員が取り交わした約束になるからです


会社の経営が悪化したという特別な事情があるなら話は別ですが、一度決めた約束は守らなければいけないのだと肝に銘じてください。その代わりに目標設定が甘かったのであればもっと厳しくすればいいだけです。


しんどい思いをしたのであれば、それ相応の見返りが欲しいと思うのは誰でも同じで、それを手に入れられないとなると損をした気持ちになるのです。


ただし、条件を下げるのとは逆に、最初に提示した条件を上回る見返りを与えるのは基本的に問題ありません。


今日はこのへんで 明日は、最終的な責任は私がとる、だからやれについてお伝えしていきます。


社会保険労務士の知識や企業の人事総務部門での実務経験を活かして「組織やチームの働きやすい環境づくり」のために、人事労務に関する問題を解決することを私のMissionとして掲げて日々活動しています。

本日もお読みいただき、ありがとうございました。何かお役に立てれば幸いです。

#部下を動かす

#約束を守る

#小さくても強い会社

#社会保険労務士

#武蔵小金井

 

〒184-0015 東京都小金井市貫井北町3丁目19−6

©2019 社会保険労務士オフィスワイ・ツー