• 吉田 健

セルフマネージメントチームを育てる(その2)

From:事務所から


引き続き社員の力で最高のチームをつくる(ケン・ブランチャード著 星野佳路監修)からです。


では早速、上司に頼らないで部下が仕事をできるようになる方法を部下に教えることを始めたとすると最初のうちは目に見えない変化しかなかったものが、そのうちだんだん早くなってきます


そして、これまでマネージャーがやっていた仕事をチームがやりはじめるようになります

そうするとマネージャーの役割はファシリテーターやコーチのような役割を担うことになり、結果としてマネージャーの責任を上手にチームに引き渡していくことになります


マネージャーのやることがなくなるかというとそんなことはなく、戦略的計画の立案、お客さまとの関係強化などやるべきことがたくさんあり有意義に時間を使えるようになります

最後に階層組織をセルフマネジメントチームに置き換える要点をまとめます


・エンパワーされたチームはエンパワーされた個人以上の仕事ができる


・はじめからセルフマネジメントチームとして仕事をすることを知っている人はいない


・途中で不満が出てくるのは自然な反応である


・全員がチームスキルを学ばなければならない


・エンパワーメントにはトップの決意とサポートが必要不可欠である


・情報とスキルを合わせもったチームは、古い階層思考にとって代わることができる


今日はこのへんで 明日からこの3つのカギの実践についてお伝えできればと思います


社会保険労務士の知識や企業の人事総務部門での実務経験を活かして「組織やチームの働きやすい環境づくり」のために、人事労務に関する問題を解決することを私のMissionとして掲げて日々活動しています。

本日もお読みいただき、ありがとうございました。何かお役に立てれば幸いです。


#セルフマネージメント #エンパワーメント

#チーム

#小さくても強い会社

#社会保険労務士

#武蔵小金井

 

〒184-0015 東京都小金井市貫井北町3丁目19−6

©2019 社会保険労務士オフィスワイ・ツー