• 吉田 健

「人」を管理せず、「仕事」を管理する





From 事務所から


昨日に引き続き、いまできの部下を動かす39のしかけ(三笠書房 池本克之著)からです


著者によると、例えば、部下に書類仕事を任せた際に、誤字脱字があった場合に、怒ったりくどくど注意する上司は「人」を管理できる、「人」を管理しなければと思っている人です。あるいは自分が思うとおりに動かない部下のことが気にいらないと感じたりします。


こういう上司の中には自分の考えているとおりに、仕事が進まないと気がすまない人が多く、こういう上司は部下にとってストレス以外の何物でもありません。


以前お伝えした「ルール・ブック」や「チェックリスト」も「人」を管理するのが目的ではなく、あくまでも「仕事」を管理するのが目的です。


「人」を管理したがるのは、「部下がミスをしたらそのフォローに追われなくなる」「自分が責任を取らなくてはいけない」という不安があり、先回りして細かく指示を出したがるからです。つまりは結局は部下のためというよりは自分のためなのです。


部下は実は細かく管理して指導するほうが精神的には楽ですし、指導される側も何も考えずにやればいいので精神的に楽ですが、そうやって育てた部下はずっと指示を出し続けないといけないし、いつまで経っても一人前にならない部下を抱え続けることになります。


部下を管理するのではなく、仕事が計画どおりに進んでいるかを管理すればいいのです。

そして仕事がうまく進んでいるのであれば、余計なことは言わずに引き続き部下にその仕事を任せるのです。


いまどきの若者はずっと管理され続けてきていて、「みんなと同じがいい」と学校や家庭で教えられてきたからです。そのために自主性を引き出して、洗脳を解くことが必要だと著者はいいます。


そのために上司は部下を管理せず、多少の失敗には目をつぶり、小さなことでも結果を出したら「よくできた」とほ褒めるのが一番です。


部下を自分の思いどおりに動かすために仕事を任せるのではなく、結果を出してほしいから部下に仕事を任せるのです。そのことを自覚すべきです。


今日はこのへんで 明日は、職場の空気を軽くするについてお伝えしていきます。


社会保険労務士の知識や企業の人事総務部門での実務経験を活かして「組織やチームの働きやすい環境づくり」のために、人事労務に関する問題を解決することを私のMissionとして掲げて日々活動しています。


本日もお読みいただき、ありがとうございました。何かお役に立てれば幸いです。

#部下を動かす

#「仕事」を管理する

#小さくても強い会社

#社会保険労務士

#武蔵小金井

 

〒184-0015 東京都小金井市貫井北町3丁目19−6

©2019 社会保険労務士オフィスワイ・ツー